施工事例

屋根裏断熱

木造2階建ての天井断熱リフォーム事例

6月におこなった天井断熱リフォームの事例をご紹介いたします。

調査とお見積り

お客様からご連絡を頂いたのは5月の中旬ごろでした。
まずは、建物の天井裏の調査とお見積りに、断熱担当アドバイザーがお伺いさせていただきました。

建物は、築20年以上の木造の戸建て住宅でした。お客様は、2階の暑さにお困りでした。
弊社にご相談いただく前に、家を建てた会社にご相談され、内窓を取り付け済みでした。

内窓を取り付けてもまだ暑く、1階と2階の温度差が5℃ある日もあったとのこと。
天井裏をみせていただくと、グラスウールが敷き詰められていて、厚さは50~100mmでした。

気流止めもないため、天井裏で熱くなった空気が壁の中に流れてしまっていました。

気流止めは、天井裏や床下の空気が壁の中に移動しないようにするものです。
気流止めについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

▼気流止め|断熱リフォームの最重要ポイント
https://www.danrei-teoria.com/column/kiryudome/

 
調査の結果、一部天井裏に入れないところがあることもわかりました。

お客様に天井裏の現状をお話させていただき、下記2つのご提案をさせていただきました。

  1. 天井点検口を作成せずに、工事ができる範囲のみ天井裏の断熱工事をする
  2. 天井点検口の作成と天井裏全面断熱工事をする

 

お客様へのご報告を含めて、約1時間半で調査が終了いたしました。

工事

リフォーム工事は6月におこなわせていただくことになり、天井点検口の作成と天井裏全面工事をご依頼いただきました。
工事には、工事専門の担当者が3名でお伺いさせていただきました。1名が天井点検口の作成をおこない、2名が気流止めの設置をおこないました。

一日で終わる予定でしたが、この日は午後になるにつれ雨が強くなってしまいセルローズファイバーの工事は、別日にさせていただくことになりました。

セルローズファイバーは、専用の機械を外に置いて工事をおこなうため、雨が強い日は工事が難しくなります。

セルローズファイバーは、グラスウールの上から200mm敷き詰めました。
のちのち、セルローズファイバー自体の重さで少し沈むことを考慮しているため、厚さは200mmになるように工事をおこなっています。

今回は、天候の影響もあり工事は2日間でした。

建物により、天井裏の状況は違います。
調査とお見積りは、無料でおこなっておりますので、1階と2階の温度差、暑さにお困りでしたら、まずはご相談ください。

家の暑さ寒さに関するお悩み
全てDANREIが解決!



「普段通りの生活をしながら快適に!」がDANREIの基本方針です。

\\ 確実性・機能性で選ぶなら断熱リフォームはDANREI //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。