DANREIの旬ネタコラム

  • ベストDANREI
  • スポットDANREI

断熱業者が床下断熱材のDIYについて徹底解説!

2019.02.12
断熱施工前

床下断熱材のリフォームに興味を持たれている方の中には、コストがかかる・手作りで行いたい、などの理由から

「できることなら自分で行いたい!」

と思われる方もおられると思います。DANREIには数多くの施工実績と経験があります。今回は、床下の断熱リフォーム業者という立場から断熱材の設置をDIYで行う方法について詳しくご紹介していきます。

上野山 典之  Webスタッフ 上野山

 

 

床下断熱材のDIYで必要な道具・材料一式

まずは床下断熱材のDIYに必要な材料や道具をご紹介します。カッターはなるべく大きめのものを用意しましょう。

長時間の間床下で作業を行う事になるので、マスクは途中で交換ができるように複数個用意しておく事をおすすめします。特に床下がコンクリートの場合は土壌に比べてホコリが舞いやすく、目が詰まるのも早くなるので注意しましょう。

  • 断熱材(ボード状)
  • 断熱材(マット状)
  • PPバンド(断熱材に応じて)
  • マスカーテープなどの養生道具
  • タッカー
  • メジャー
  • カッター
  • ライト
  • マスク、手袋、長靴、保護グラスなどの床下に潜るための道具一式
  • 丸ノコやのこぎり(必要に応じて)
  • 建物の図面

 

断熱材を設置する前の下準備①(~断熱材選び)

床下に取り付ける断熱材の種類ですが、断熱リフォームで最もよく使用されるのは「グラスウール」などの無機繊維系の断熱材です。これは

  • 価格が比較的安価
  • 発泡ウレタンなどに比べ比較的安全に施工ができる
  • 専用の機材を使用する必要がない
  • 柔軟性がある

などのメリットがあり、狭い床下空間での作業に適しているからです。今回の断熱材のDIYも高性能グラスウールで行う事を想定します。

同じ無機繊維系の断熱材でも形状はマット状ボード状があります。断熱性能の事を考えるとボード状のものを選んだ方がいいですが、気流止め用の断熱材としてマット状のものも購入しておきましょう。

断熱材は大引きと大引きの間に下から充填していきますが、何かしらの方法で固定する必要があります。無機繊維系の断熱材には最初から床下に固定するための不織布が一体になっているものもありますがそうでないものもあるので、その場合は荷造りなどで用いられるプラスチックのバンド(PPバンド)も別途用意します。

また、いずれの場合においても固定用のタッカーとその針が必要になるのでこちらも忘れずに用意するようにしましょう。また、断熱材にも様々なサイズがあるので購入前に一度床下の下見をしておくことをおすすめします。

 

断熱材を設置する前の下準備②(~点検口の作成まで)

まずは床下に断熱材を搬入するまでの流れについてお話しします。床下への断熱材の搬入は点検口から行う事になると思います。点検口は洗面所や台所に取り付けられている事が多いですが、中には点検口がない場合もあります。その時は点検口を作成しましょう。

和室カット

1階に和室がある場合は畳の下に簡易の点検口を比較的簡単に作成することができます。かなりの量の木くずがでるので周辺をしっかりと養生することをおすすめします。1階が全てフローリングの場合は、根太や大引きの方向を確認してフローリングをカットした後、専用のフレームにカットした部分をはめ込みます。

DIYで行うには作成にやや手間がかかるので、もし面倒であれば点検口だけでも業者に作成をお願いしてしまってもいいのではないかと思います。

 

断熱材を設置する前の下準備③(~断熱材の必要枚数の計測と加工)

大引間のサイズ計測
図面

点検口を作成した後も、いきなり断熱材の設置作業に取り掛かるのではなく、まずは床下で計測作業を行う事をお勧めします。

確かに1階の床面積さえ分かれば床下で断熱材がどの程度必要になるのかある程度の見当をつける事はできますが、実際の床下はいくつかの空間に基礎で細かく区切られているので、家の基礎伏図を持っていない場合は図面をもとにまずは基礎伏図を作成した方が、作業がやりやすくなると思います。

それぞれの区画で大引きから大引き間のサイズと大引きの長さの計測を行い、その区画で何枚ほどの断熱材が必要なのか大まかに計算をします。何かあった時のために断熱材は少し多めに購入しておくことをおすすめします。

断熱材の準備

ちなみにDANREIで使用している高性能グラスウールは1枚のサイズが0.4㎡ほどなので、50㎡の住宅だと100枚強ほどの枚数が必要になります。

また、外壁や間仕切り壁下の部分はそれ以外の場所と異なるサイズになっている事が多いので、あらかじめ床上で搬入前にそのサイズに切っておくことをおすすめします。断熱材のカット後は多量の端材が出る事が想定されますので、処分用のゴミ袋も多めに用意しておきましょう。

 

断熱材を設置する前の下準備④(~点検口周りの養生)

点検口周辺の断熱材を

床下に断熱材を搬入する前に点検口の周辺はしっかりと養生を行うようにしましょう。搬入の際には断熱材からそれなりにほこりが出る事が想定されるので、周辺にはシートを敷いて家の中にほこりがこぼれないようにする事をお勧めします。

また、作業中は床下のほこりが舞い上がり家の中に飛散してしまう恐れがあるので周辺をポリマスカーなどで養生するか、点検口のフタを閉めた上で作業を行った方がいいでしょう。

 

断熱材を設置する前の下準備⑤(~各区画への断熱材の搬入)

断熱材の搬入

床下に断熱材を搬入していきます。床下の空間は狭いので点検口の周辺に必要な断熱材をすべて一度におろす事ができない場合が多いと思います。少量の断熱材を床下におろしつつ必要な枚数を各区画に持っていく、という作業を繰り返し搬入を行いましょう。

セパレータ―

床下が土壌の時はごつごつした石や破片などでケガをしないように注意しましょう。床下がコンクリートの時もセパレータなどに引っかかってしまわないように注意が必要です。

 

断熱材の床下への充填

気流止め後

まずは外壁の下や間仕切り下などに気流止めとなるマット状の断熱材を設置していきます。マット状の断熱材を設置する時は付属の防湿フィルムが手前側を向くように設置しましょう。

タッカーで固定

気流止めの設置が終わった後はボード状の断熱材を大引きと大引きの間にはめ込み、タッカーで固定して断熱材が落下しないようにします。

ちなみに、断熱材は大引き間への充填をおこなうのでもし根太間に既に断熱材が充填されていたとしてもそのままにしても問題はありません。基本的に仰向けの作業になるので断熱材のホコリが目に入らないよう必ず保護グラスは着用しましょう。

配管周りの施工前

配管周りを施工する際は配管の位置に合わせてカッターで切り込みを入れて設置します。断熱材にあまり大きな切り込みを入れすぎてしまうと断熱性能の低下につながります。ボード状の高性能グラスウールはある程度の柔軟性を持っているので切り口は小さめにし、少しづつ広げていくようにすると隙間なく施工を行う事ができます。

 

後片付け

かたづけ

床下で断熱材を充填し終えた後は片づけを行います。養生をしていても見えないほこりや断熱材の繊維が舞ってしまっている可能性があるので周辺の壁や床などしっかり拭き掃除をしましょう。階段が近くにある場合は念のため上の方までしっかりと掃除をしておくことをおすすめします。

床下でも余った断熱材のゴミが出る事が想定されますので、あらかじめ点検口の周辺にゴミ袋を用意しておきましょう。

 

まとめ

今回は床下の断熱材のDIYについてご紹介しました。断熱材は通販ショップなどでも手に入れる事ができます。当然DIYの方がコストを抑えることができるので「これなら自分でも床下断熱材のDIYが行えそうだ」と思われた方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

しかし、狭い床下での不慣れな作業は健康面への影響や配管の破損など様々なリスクがありますし、施工にもかなりの時間を要してしまうと思います。大まかな目安ですが、50㎡のお家なら3~4人で5~6時間を要します。特に断熱材の搬入作業には非常に時間がかかるので、少なくとも2人以上での施工をおすすめします。

また、断熱材が本来持つ性能を活かし切れるかどうかは施工品質に大きく左右されることも事実です。「やはり業者にやってもらうのが一番だ」と思われた方は、是非DANREIでの断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

家の暑さ寒さに関するお悩み
全てDANREIが解決!



「普段通りの生活をしながら快適に!」がDANREIの基本方針です。

\\ 確実性・機能性で選ぶなら断熱リフォームはDANREI //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。