DANREIの旬ネタコラム

  • ベストDANREI
  • プレミアムエコDANREI
  • 屋根裏断熱

寒い冬はヒートショックに注意!不慮の事故を防ぐためにすべき事

室内の寒暖差イメージ

皆さんは「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?ヒートショックとは急な温度変化により体の血管が伸縮して心臓に負担がかかり、心疾患や脳梗塞などを引き起こしてしまう現象です。

「不慮の事故」と聞くと恐らく多くの人は「交通事故」を思い浮かべるのではないかと思いますが、家の中で発生する事故による死亡者数の方がはるかに多いという統計が発表されています。

ヒートショックによる死亡者数は年間で1万人を超えると言われていますが、交通事故による死亡者数が約4000人(平成26年度)であったことを考えると、ヒートショックが非常に危険で注意すべき事故であることが分かると思います。この記事では

  • ヒートショックとは
  • ヒートショックが起こりやすい場所
  • ヒートショックの予防方法

以上のヒートショックに関する3つのポイントについてご紹介させていただきます。ヒートショックによる事故は「冬」が最も多いという統計的なデータも公開されており、これからの時期は特に注意が必要です。不慮の事故を未然に防ぐためにもヒートショックに関する知識を基本的な部分からお伝えしていきますのでよろしくお願いします。

 Webスタッフ 上野山

 

ヒートショックによる事故に注意するべき場所①浴室(洗面所)

入浴時のヒートショック

平成26年の家庭の浴槽における溺死者の数は4866人で、このうち約9割が65歳以上であるというデータが厚生労働省により公開されています。また、入浴にかかわる死亡事故は溺死だけでなく入浴後から翌朝にかけても多く発生しています。

暖かいリビングから冷たい洗面所(脱衣場)に移動することで体温は下がり血圧は上がります。そこからさらに暖かい湯船に浸かると体温はまた一気に上昇するので血圧が上下を繰り返し、心臓に対して思い負荷がかかってしなうことになります。

 

ヒートショックによる事故に注意するべき場所②トイレ

トイレでのヒートショック

トイレは北側に設置されていることが多く、浴室と同様に限りなく外の気温と同じくらいまで冷え込みます。やはり暖かい居間から移動した際には温度差が発生するのでヒートショックのリスクが考えられます。

特に高齢者に多いのは深夜に起きてトイレに行くケースです。布団の中の温度を考えると、浴室に向かう時よりも温度差が大きくなることもあるので十分な注意が必要です。

 

ヒートショックを予防する方法-浴室-

入浴時のヒートショックを予防するための方法として以下のような項目が挙げられます。

・ 早めの時間帯に入浴する
・ 飲酒直後の入浴は避ける
・ 一番風呂を避ける
・ 早朝の入浴は避ける
・ 脱衣所や浴室の温度をあらかじめ上げておく
・ 湯船に浸かる前にかけ湯をする
・ 暖房器具を設置する

 

早めの時間帯に入浴する

居間と浴室の温度差をなるべく小さくすることが体への負担の軽減につながります。寒い日は16:00~18:00の間に入浴を済ませてしまった方がいいでしょう。

飲酒直後の入浴は避ける

アルコールには体内の血管を広げる作用があり、血圧が通常時に比べて乱れやすくなります。その分身体も血圧の変化に弱くなりヒートショックを引き落としやすくなります。

深酒をした後の入浴は避け、晩酌程度であったとしても2時間ほどは時間をおきましょう。また、アルコールを摂取しなかったとしても、食後すぐの入浴は消化不良などのリスクも考えられるのでいずれにしてもある程度の休憩をするようにしましょう。

一番風呂を避ける

一番風呂はお湯に刺激があり、温度が高い状態です。更に脱衣所や浴室が冷え切っている場合が多く、血圧の変動が激しくなりヒートショックが起きる危険性があります。

なるべく二番風呂にするようにしましょう。入浴剤を使用すると、お湯の刺激を更に和らげることができます。

早朝の入浴は避ける

早朝は睡眠中の汗や排尿により大量の水分を失い、血液が非常に濃縮されて固まりやすい状態となっています。その状態で入浴すると更に血液が固まりやすくなり、同時にヒートショックのリスクも大きくなります。

朝入浴する場合は起きてすぐは避け、水分をしっかり補給してから入浴するようにしましょう。

脱衣所や浴室の温度をあらかじめ上げておく

脱衣所や浴室を冷え切った状態から温めておくことで温度差を小さくし、ヒートショックのリスクを下げる事ができます。

シャワーをかけて壁や床を暖めましょう。あらかじめ浴槽のフタを開けておくことでも全体の室温を上げることができます。また、入浴中は換気扇を消し室温が下がらないようにしましょう。

湯船に浸かる前にかけ湯をする

お湯を汚さないようにするためのかけ湯ですが、ヒートショックの防止にも大きな役割を果たします。お湯の熱さに体を慣らすことで血圧が急に下がりすぎるのを防ぎましょう。

かけ湯をする時は心臓に遠い場所から順番に(足元→膝→太もも→両腕→頭)と行っていくとより効果的です。

暖房器具を設置する

浴室に入る前の冷え切った脱衣所は衣服を脱いでいる間に血圧が急上昇してしまう恐れがあります。

暖房器具を設置して室温を上げ、ヒートショックのリスクを小さくしましょう。暖房器具は持ち運びが簡単にでき、タイマー機能を使える電気ストーブがおすすめです。

 

ヒートショックを予防する方法-トイレ-

トイレでのヒートショックを予防するための方法として以下のような項目が挙げられます。基本的には浴室と同じで「温度差を小さくする」というところに意識をおいてみてください。

・ 便座を暖かくしておく
・ 深夜や早朝は移動前に上着や靴下を着用する

 

便座を暖かくしておく

便座に座った瞬間「ヒヤッ」とした感覚があると血圧が上がり、ヒートショックに繋がる可能性があります。あらかじめ便座の暖房をセットしておき、温度差を小さくしておきましょう。暖房がついていないタイプの便座であれば、厚めのカバーを取り付けておくようにしましょう。

深夜や早朝は移動前に上着や靴下を着用する

深夜や早朝の布団から出てトイレに行く際はヒートショックの対策として温度差を小さくすることを特に意識した方がいいでしょう。たとえ短時間であっても移動の際は何か上着を羽織る習慣を日ごろからつけておくようにしましょう。

 

さいごに・・・断熱リフォームでヒートショック対策ができる!

断熱リフォームでヒートショック対策
断熱リフォームでヒートショック対策_2

これまで、ヒートショックに対する様々な対策方法をご紹介してきましたが、最後にDAENREIが行う「断熱リフォーム」についてご紹介させていただきます。DANREIでは床下や小屋裏から建物の外皮に断熱材を充填させる断熱リフォーム工事を行っています。

建物の断熱性能を上げると、家全体の温度差を小さくすることができるので、ヒートショックに対しても効果を発揮します。本格的な建物全体の寒さ対策を考えられている方は、是非断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

家の暑さ寒さに関するお悩み
全てDANREIが解決!



「普段通りの生活をしながら快適に!」がDANREIの基本方針です。

\\ 確実性・機能性で選ぶなら断熱リフォームはDANREI //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。