DANREIの旬ネタコラム

  • ベストDANREI
  • プレミアムエコDANREI
  • 屋根裏断熱

家の外よりも中の方が危険!?冬に室内で起きる「ヒートショック」とは

室内の寒暖差イメージ

皆さんは「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?ヒートショックとはその名前の通り「温度差」が原因で起きる心疾患や脳梗塞などの総称です。私たちの血管は周囲の温度が暑くなったり寒くなったりしたとき、それにあわせて伸び縮みをします。しかし、温度の変化があまりにも急激であった時、血管が急に伸び縮みすることで心臓に大きな負荷がかかってしまうのです。20℃以上の温度差が生まれたとき、ヒートショックは起きやすくなると言われています。あまりイメージがわかないかも知れませんが、私たちは家の中でこれだけの温度差を感じながら生活をしているのです。

ヒートショックにより亡くなる人の数は年間で約10,000人を超えると言われています。「不慮の事故」と聞くと恐らく多くの人は交通事故などの「家の外で起きる事故」を思い浮かべるのではないかと思います。しかし、家の中で発生する事故により亡くなった人の数は家の外で起きた事故により亡くなった人よりもはるかに多いというデータが発表されています。

例えば、「家の外で起きる事故」と聞いて皆さんが真っ先に思い浮かべるのは「交通事故」ではないでしょうか。平成26年度の交通事故により亡くなった人の数は約4000人であったこと発表されています。両者の数字を見比べるだけでもヒートショックがいかに危険で注意すべき事故であるかがよく分かると思います。

この記事ではヒートショックに関する3つのポイント

  • ヒートショックとは
  • ヒートショックが起こりやすい場所
  • ヒートショックの予防方法

についてご紹介させていただきます。ヒートショックによる事故は「冬」が最も多く、これからの時期は注意が必要です。不慮の事故を未然に防ぐためにもヒートショックに関する正しい知識を基本的な部分から皆様にお伝えしていきますのでよろしくお願いします。

上野山 典之  Webスタッフ 上野山

 

ヒートショックに注意すべき場所①浴室(洗面所)

浴室はヒートショックが最も起きやすい

家の中といってもヒートショックは具体的にどこで起きているのでしょうか。それは浴室です。ヒートショックは温度差により起こります。入浴するために暖房の効いたリビングから洗面所に移動をしますが、大半の家庭では浴室や洗面所は暖房がついておらず非常に寒くなっています。さらに着ていた衣類もそこで脱ぐことになるので、体は暖かい環境から一気に冷え切った環境に身をさらすことになります。

その状態で暖かい湯船に浸かるとどうなるでしょうか。今度は体温が一気に上昇してしまいます。血圧が短時間のうちに上下を繰り返していることが想像できたのではないでしょうか。私たちは無意識のうちに心臓に対して非常に重い負荷をかけてしまっているのです。若くて体が丈夫であればその変化に耐えられますが、体力が低下している高齢者はそうはいきません。

平成26年の家庭の浴槽における溺死者の数は4866人で、このうち約9割が65歳以上であるというデータが厚生労働省により公開されています。日常の入浴の際に行っているさりげない行動もお年寄りにとっては非常にリスクが高いということを意識する必要があるでしょう。

 

ヒートショックに注意べき場所②トイレ

トイレでのヒートショック
浴室と並んでヒートショックが起きると言われている場所はトイレです。トイレは家の中でも比較的室温が下がりやすい北側に設置されていることが多く、特に夜は限りなく外の気温と同じくらいまで冷え込みます。やはり暖かい居間から移動した際には温度差が発生するのでヒートショックのリスクが考えられます。

とはいっても「トイレに行く際の温度差」と言われてもあまりピンとこないかもしれませんが注意すべきなのは就寝後、深夜に目が覚めてトイレに行くケースです。それまでの布団の中という暖かい環境から冷え切ったトイレに向かうので実は浴室に向かう時よりも温度差が大きくなることもあるほどです。また、排便の際に体に力を入れることになるので、それが原因で血圧があがるので、やはり無意識のうちに心臓に負荷をかけてしまっています。

 

ヒートショックを予防する方法-浴室-

入浴時のヒートショックを予防するための方法として以下のような項目が挙げられます。

・ 早めの時間帯に入浴する
・ 飲酒直後の入浴は避ける
・ 一番風呂を避ける
・ 早朝の入浴は避ける
・ 脱衣所や浴室の温度をあらかじめ上げておく
・ 湯船に浸かる前にかけ湯をする
・ 暖房器具を設置する

 

早めの時間帯に入浴する

居間と浴室の温度差をなるべく小さくすることが体への負担の軽減につながります。寒い日は16:00~18:00の間に入浴を済ませてしまった方がいいでしょう。

飲酒直後の入浴は避ける

アルコールには体内の血管を広げる作用があり、血圧が通常時に比べて乱れやすくなります。その分身体も血圧の変化に弱くなりヒートショックを引き落としやすくなります。

深酒をした後の入浴は避け、晩酌程度であったとしても2時間ほどは時間をおきましょう。また、アルコールを摂取しなかったとしても、食後すぐの入浴は消化不良などのリスクも考えられるのでいずれにしてもある程度の休憩をするようにしましょう。

一番風呂を避ける

一番風呂はお湯に刺激があり、温度が高い状態です。更に脱衣所や浴室が冷え切っている場合が多く、血圧の変動が激しくなりヒートショックが起きる危険性があります。

なるべく二番風呂にするようにしましょう。入浴剤を使用すると、お湯の刺激を更に和らげることができます。

早朝の入浴は避ける

早朝は睡眠中の汗や排尿により大量の水分を失い、血液が非常に濃縮されて固まりやすい状態となっています。その状態で入浴すると更に血液が固まりやすくなり、同時にヒートショックのリスクも大きくなります。

朝入浴する場合は起きてすぐは避け、水分をしっかり補給してから入浴するようにしましょう。

脱衣所や浴室の温度をあらかじめ上げておく

脱衣所や浴室を冷え切った状態から温めておくことで温度差を小さくし、ヒートショックのリスクを下げる事ができます。

シャワーをかけて壁や床を暖めましょう。あらかじめ浴槽のフタを開けておくことでも全体の室温を上げることができます。また、入浴中は換気扇を消し室温が下がらないようにしましょう。

湯船に浸かる前にかけ湯をする

お湯を汚さないようにするためのかけ湯ですが、ヒートショックの防止にも大きな役割を果たします。お湯の熱さに体を慣らすことで血圧が急に下がりすぎるのを防ぎましょう。

かけ湯をする時は心臓に遠い場所から順番に(足元→膝→太もも→両腕→頭)と行っていくとより効果的です。

暖房器具を設置する

浴室に入る前の冷え切った脱衣所は衣服を脱いでいる間に血圧が急上昇してしまう恐れがあります。

暖房器具を設置して室温を上げ、ヒートショックのリスクを小さくしましょう。暖房器具は持ち運びが簡単にでき、タイマー機能を使える電気ストーブがおすすめです。

 

ヒートショックを予防する方法-トイレ-

トイレでのヒートショックを予防するための方法として以下のような項目が挙げられます。基本的には浴室と同じで「温度差を小さくする」というところに意識をおいてみてください。

・ 便座を暖かくしておく
・ 深夜や早朝は移動前に上着や靴下を着用する

 

便座を暖かくしておく

便座に座った瞬間「ヒヤッ」とした感覚があると血圧が上がり、ヒートショックに繋がる可能性があります。あらかじめ便座の暖房をセットしておき、温度差を小さくしておきましょう。暖房がついていないタイプの便座であれば、厚めのカバーを取り付けておくようにしましょう。

深夜や早朝は移動前に上着や靴下を着用する

深夜や早朝の布団から出てトイレに行く際はヒートショックの対策として温度差を小さくすることを特に意識した方がいいでしょう。たとえ短時間であっても移動の際は何か上着を羽織る習慣を日ごろからつけておくようにしましょう。

 

日本はヒートショックが世界一起きている国!?

ここまで現在日本でその問題が注目され始めているヒートショックですが、海外ではどのようにとらえられているのでしょうか。実は日本は「先進国の中で一番ヒートショックが起きている国」だという調査結果が発表されています。これは海外と日本の暖房方式の違いが原因の1つであると考えられています。

暖房方式は大まかに2種類存在し、1つは家屋全体を温める「全館空調」、もう1つは部分的な空間のみを暖める「間欠暖房」です。日本で主に採用されているのは「間欠暖房」ですが、全館空調は家の中ならどこに行っても一定の室温を保っているのに対し、間欠暖房はどうしても暖房が効いている部屋と効いていない部屋とで温度差が生まれるので、ヒートショックが起きやすい傾向にあると考えられます。

全館空調が日本であまり採用されていない理由について、日本の家屋は海外に比べ断熱性能が低い傾向にあり、維持コストがかかってしまうことから全館空調の採用が難しいことが原因であるといわれています。しかしもっと根本的な原因として、私たち日本人は「寒さは我慢できるもの」「暖房を使いすぎるのは贅沢だ」と考える傾向にあり、寒さに無理やり耐えようとする人が多いからではないのかという指摘もあります。

いずれの暖房方式にも長所と短所が存在するのでどちらが優れているかという考察は避けますが、まずはやはりこれだけ多くの人がヒートショックが原因で亡くなっているという事実と向き合う必要があると思います。

 

さいごに・・・ヒートショック対策としての断熱リフォームのご紹介!

断熱リフォームでヒートショック対策
断熱リフォームでヒートショック対策_2

これまで、ヒートショックについて様々ご紹介をしてきましたが、最後にDAENREIが行う「断熱リフォーム」についてご紹介させていただきます。DANREIでは床下や小屋裏から建物の外皮に断熱材を充填させる断熱リフォーム工事を行っています。

建物の断熱性能を上げると、家全体の温度差を小さくすることができるので、ヒートショックに対しても効果を発揮します。本格的な建物全体の寒さ対策を考えられている方は、是非断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

家の暑さ寒さに関するお悩み
全てDANREIが解決!



「普段通りの生活をしながら快適に!」がDANREIの基本方針です。

\\ 確実性・機能性で選ぶなら断熱リフォームはDANREI //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。