施工事例

ベストDANREI床下グレードアップ

断熱の入っていない床下の断熱リフォーム(埼玉県)

埼玉県での床下断熱リフォーム施工事例です。今回の現場は築30年以上の木造住宅で、床面に断熱材が全く入っていない現場でした。こちらではアクリアUボードを使用したベストDANREIで施工をさせていただきました。

ベストDANREIとは?

低コストでしっかり効果のあるプランです。床下に施工スタッフが直接入り、高性能グラスウールボードを直接施工し、底冷えを防ぐことで断熱効果を高めます。すべて手作業で施工するため施工中の騒音も心配いりません。

 

床下の状態(断熱リフォーム前)

施工前の無断熱の床下
全く断熱材の無い床下

 
この状態では寒い冬の空気が直接床板に触れているため、非常に熱効率の悪い室内となってしまいます。

壁の断熱材
隙間ができた壁下の空間

 
さらに、よく見ると壁と床の境目がガランと筒抜けになっています。断熱材(黄色い綿状のもの)がちらりと見えますが、これでは、床下の冷たく湿った空気が壁にも流れてしまいかねません。このようなときは、気流止めの作業が必要となります。

▼気流止めについては、こちらで詳しくご説明しています。
www.danrei-teoria.com/column/kiryudome/

 

床下断熱リフォーム後

断熱材の施工後

大引き材の間にボード状のグラスウールを施工した状態です。露出していた床板が断熱材で完全に隠れています。

床下の断熱施工後

こちらでは床下に進入することができない玄関や浴室などを除き、床下全面に施工させていただきました。断熱材施工後には、弊社のシロアリ防除ブランド「SHUT!」のバリアSHUT!にて床下のシロアリ予防工事も実施させていただきました。
普段見ることがほとんどない床下での作業ですから、同時に断熱リフォームとシロアリ防除工事をご依頼される方が非常に多くなっています!同じタイミングでできるのでオススメですよ~!

家の暑さ寒さに関するお悩み
全てDANREIが解決!



「普段通りの生活をしながら快適に!」がDANREIの基本方針です。

\\ 確実性・機能性で選ぶなら断熱リフォームはDANREI //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。